読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてな女子になりたいようなそうでもないような、でも結局なっちゃった話

はてな系

★追記
はてな女子入りしてしまったので編集しました。


どーもこんばんは、がちゃまにあです。

女子がBlogを始めるなら、はてなブログがお薦め! - 斗比主閲子の姑日記

トピシュさんのこの記事を見て、私は初めて「はてな女子」の決め方を知りました。

「はてな女子」の決め方は案外ざっくり

はてな女子とは、株式会社はてなが提供する、はてなブログ(やはてなダイアリー)を使用していて、株式会社はてなから女性として認識されるとなれるものです。


はてなに認められて初めて、はてなで「女性」として認識してもらえるとのこと。
はてなに認められなくても女性だもん!となんだかモヤモヤするが、ここではそういうルールなんだから仕方がない。

トピシュさんは初めて1ヶ月ほどで「はてな女子」枠入りしたそうな。素晴らしい。

株式会社はてなに、どうして自分のことをはてな女子としたのか、はてな女子の基準はなにか、問い合わせてみました。回答は、はてな女子かどうかははてなが独自に判断するもので、基準は公表できないということでした。

ということで、はてな女子入りするには、はてなに判断してもらうしかないわけですが、既にいくつか事例が集まっているため、どのような基準ではてなが女子扱いしているかはおおよそ想像がつきます。

基準は、当該はてなブログが女性が運営しているように見えるかどうか、だけです。


えええ、そんなざっくり決めてるの?
驚愕の事実。

いや、ちょっと待て。
ってことは、はてなにおける私は「女性」として認められてないってことなのか!?
まあ確かにアイコンは秋山くん風味だけど!(これはまだしばらく変えない)
ブログデザインもシンプルで青いけど!!donut」に変更して女性っぽくなったはず。

・・・何か癪だぞ?

「はてな女子」になりたいようななりたくないような

「はてな女子」になるメリットとデメリットは、記事内で詳しく解説されている。

とりあえずアクセス数は格段に増えるようだ。
そりゃトップページに掲載されるのだから当然か。
(初めてホッテントリ入りして、その効果を身を持って理解した。こんなブログにアクセス15000くらい来るとか。ぱねえ。)

反面、批判に晒されるのことも多くなるらしい。
コメント欄で粘着されたり、ブクマコメントで皮肉を言われたり、果ては増田での罵詈雑言と来たもんだ。うーむ。
これはスルー力が試される。

もちろん読み手がどんな感情や意見を抱くのかは自由。そしてそれ表現する場を提供するのも必須。
だから内容に関する批判(別視点からの意見と言うべきか)をされるのはいいんです。
そういうのを目の当たりにすると最初はダメージを受ける。けど反芻するうちに「なるほどなー」と思ったりする。
それが記事に否定的な意見でも、自分の考えをきちんと書いてくれる人には「そういう考え方を教えてくれてありがとう」くらいは言いたい。
書きっぱなしなんて、ボケをスルーされるのと同じくらい生殺しだ。
「俺の歌を聴け!」と堂々と言えるようなメンタルの持ち主なら、それでもいいんだろうけど。

でも「相手を否定したい」という意図のみによる言葉が突きつけられるのは嫌だなあ。
(「はてな女子」にはそういうアンチが多い感じがするのはなぜだ)
これって「ばーか」って言われてるのと一緒だもの。痛いだけで広がりがない。
想像しただけで、あーやだやだ怖い(超ネガティブ)

・・・こういう否定的な側面ばかり見られるのって、ある意味才能か(笑)

メンタルが強くないせいか、こういうことを言われるとデメリットの方ばかり気になってしまう。結果、「はてな女子になりたい!」とは思えなくなっちゃうのよねえ。

ああ、超チキン。我ながら。


プロフィールで女子アピールをすれば「はてな女子」になれるようですが、とりあえずやめておこうかな。
「女子」って柄じゃないし(笑)

でも結局なってしまった。

冒頭のトピシュさんの記事によると

ちなみに、これもはてなに問い合わせをした結果なのですが、はてなにお願いすればはてな女子枠からは外してくれるそうです。はてな女子扱いされていて不快であれば自分から申し出ましょう。

ということで、いつでも離脱できるらしい。
折角与えられた機会だし、メンタルの修行と思うことにする。