読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログは面白いがアメブロはつまらない。その違いは?

この記事を読んで、ものすごく納得。

 

アメブロはもう手遅れ?~私が”はてな”に開設した理由~ - がらくたの遠吠え

 

何を隠そう、私も移民の一人。

別にアメブロに不満があったわけではない。

なんとなく始めてみたというだけ。

 

いやあ、やってみて愕然。

ブログってなんて面白いの!!

 

文章を書いて、それを全体に公開する。

それだけ見れば、アメブロはてなブログも別に変わりはない。

 

違うのは「公開後にどうなるか」ということ。

 

アメブロの場合、

「公開される→読者に更新通知が行く→アクションが起こる」

そのアクションが、コメントであり、ペタであり、読者登録であったりする。

文字にすると普通だけど、アメブロには何とも言えない不自由さを感じるのよね。

例えばコメントを残すとする。

はてなブログとかはてブとかって、批判的なことを書くのもアリですよね。

(って勝手に思っているんだけど・・・あってる?(´・ω・`))

 

アメブロでは、それがタブーになっている感がある。

ブロガーが「Aだ」と言ったら、

コメント欄では「そうだね!Aだよね!」と行かなければならない(気がする)。

読者がたくさんいるブログの場合、

そのブロガーさんは神格化されていることが多い(本人の意思とは関係なく)。

そんな人にコメント欄で異を唱えようものなら、

その場ではブロガーさんから優しいレスが来ても、

後でピグのチャットや何かで「あいつないわー」などと言われてしまう(気がする)。

 気がするというか、実際あったんだけどね。

ブログではなく、ピグライフか何かでの話ですが。

 

 アメブロって、「空気を読んだ近所付き合い」が必要なんですよね。

ブログのくせに、個を捨てないと読者が集まらない。

逆に、輪の中にさえ入ってしまえば、

どんなくだらない日記でもコメントが付き、ランキングも上がってしまうわけです。

なんかこれって違くない?(´・ω・`)

 

業者の巣窟だったり、ピグ系ゲームへの誘導が鬱陶しかったり、

そういうのもマイナスではありますが、

個人的には、「リアルと変わらない空気感」が一番の問題点かな。

言いたいこと言えない(無責任に発言していいと言っているわけではない)、

そうすると思考することをやめちゃう。

そんな状態で文章書くから、つまらないブログになっちゃう。

 

その点はてブはてなブログはいいです。

なんか自由だもの。

「ブックマークした記事に対して、自分がどう思うか考えて書く」

この作業がたまらなく爽快。

他の人の記事を読んでいても面白い。

 

リアルでもネットでもそうだけど、

人とつながる面白さって、「相手の知識や考え方に触れる面白さ」だと思うんです。

ぎゃーっと騒いで、みんなで仲良く!な、雰囲気重視の楽しさは、

結局大して残らないんだよなあ。

飲み会で大騒ぎしてその場楽しくても、3年後思い出せるか?という話。

(がちゃまにあは飲み会で騒ぐの大好きですが)

 

とはいえ、結局好みなんですけどね。どちらが楽しいかなんて。

素人が書いたこんなクソ長い文章、読むのが面倒っていう人だっているでしょう。

日常を覗けるような、何気ない投稿が好きな人もいるでしょう。

はてなブログが優れていて、アメブロが劣っている」と言いたいわけではないんです。

 

「内容の濃い記事が正当に評価され、それについて意見を述べていい」

この環境が、あまりにも衝撃的だっただけ。

 

このまま変わりませんように。