読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超満足!三重県立美術館の「猫まみれ展」で猫愛充電。

gachamania.hatenablog.com

始まりは県美のツイート。
だいぶ楽しみにしていた「猫まみれ展」ようやく行ってきました。

f:id:gachamania:20160503095744j:plain

一言で表現すると

すっっごい良かった!!

満足しすぎてしばらく駐車場でじっとしてたもん(笑)
ということで、イベントの性質上写真とかあまりないですが激推しレポします。

館内入った瞬間からかわいい

エントランス入ってまず目に入ったのが猫型クッション。
こんなんふうに全館レベルで椅子の上に置いてあるんですが、なんとボランティアさんの手作りなんだとか。猫好きぱねえ。

顔はめパネルなんかもあったりしちゃって。国芳さんかな?ふへへ。
1人なんでやりませんけどね。
家族連れがやってるのを見てほっこり。

この垂れ幕欲しい(笑) 
こういうのって、終わったらどうするんだろなあ?

皆様のお宅にいる猫様写真たち。ぐへへ。
見て欲しい方は写真持っていくと飾ってくれます。
猫1匹につき1枚、1人3枚まで。返却はされないそうな。

さあ、いよいよ中へ!

まず招き猫亭さん(このコレクションの所有者さん)からのご挨拶でニヤッとするよね。
そして最初の1枚にやられるよね。

テオフィル・アレクサンドル・スタンランの「猫と少女」。

すごい好きだけど名前知らない人だなーとか思ってたら、実は家に作品飾ってた(笑)

これ。玄関にでかいフレーム置いてある。
これからこの人の作品家に増えるんだろうなー(笑)


あと、横尾忠則さんの「日の本の猫」、これもかなり好きな感じ。
小林清親さんの「猫と提灯」もじわっとかっこいい。
立体系のもかなりニヤニヤするやつあったんだけど、どうも作品と作品名と作者さんの紐つけが苦手らしく覚えてない…
丸っこさと表情、かなりいい感じのあったのにー!

このニュースで館内チラ見出来ます。
取材来てたけどNHKだったのね。女性レポーターじゃないのに納得(三重テレビ、ZTVは女性が来るイメージ)。
私の後ろ姿がチラッと映ってます(笑)

グッズはお持ち帰り不可避

こんなかわいい看板に誘われてミュージアムショップへ。
写真ないけど猫グッズだらけです!
買うなとか、何の苦行だよ…ってことで、ポストカードとクリアファイルをお買い上げ。

あ、スタンランかぶってる…(ガチで気付いてなかった)
ま、いいんだけど好きだし。
この人の赤の使い方絶妙だわー。このドレス、赤以外ありえないもんな。

袋にはこんなスタンプ押してくれてたりして。捨てれねえ。

場所・開館時間など

徒歩:
近鉄・JR津駅西口から約10分。ゆるいですが坂道です。

バス:
津駅西口1番乗り場 三重交通バス「西団地巡回」「ハイタウン行き(東団地経由)」「夢が丘団地行き(総合文化センター前経由)」「総合文化センター行き」に乗車。
「美術館前」で降りて、徒歩1分。

車:
駐車場は130台とのこと。混雑時は停められなかったりするんかな?
時間に自由が利くなら、開館すぐに行った方が停められるしゆっくり見られるしでオススメ。

開館:
午前9時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分)
GWは休まずやってますが、それ以外は休館日に注意!行ってやってなかったらショック…

三重県|カレンダー(休館日情報)

「猫まみれ展」の会期は6月26日まで!

チケットは前売り買おう!

私は早目に行ったのでそんなに混んでなかったけど、退館時には結構たくさんの人が来てた。
三重県立美術館のチケット売り場は1箇所なので、混んでくると並ばなきゃいけない。コンビニで買った方が楽です。
私は朝ご飯と一緒にセブンイレブンで購入。
コンビニのマルチコピー機のところで買えるのほんと便利。イベント系ではほぼ毎回使ってる。

この「猫まみれ展」はセブンチケットではなくチケットぴあのところで買えます。
地域選択+猫まみれとかのワードで検索したかな。
前売り800円、高校生以下無料(学生証忘れずに!!)。
チケット売り場で買う場合、猫グッズ持ってると100円安くなる「ねこ割」あります。チケット売り場の人色々見られて役得だなあ裏山。

今まで見た中で1番満足度高いかも

美術展はちょくちょく行ったりしてるわけですが、今回の「猫まみれ展」の満足度はハンパなかった。
妖怪展も浮世絵展も良かった、でもこっちの方が個人的には充電されたなあ。
個々の展覧会で好きな作品には出会えてるし、そもそも優劣なんかつけるもんじゃないんだろうけど。

そういや昔、名古屋に来てた「モネ展」見に行ったんだけど、これがまあ見事なくらい何も影響されなくて(笑)
金額的な価値としては高いんだろうけどねー。好みじゃないの見てもあんまりやなーというのは実感としてある。
「素晴らしい」と言われているから自分も「素晴らしい」と思う、そういうのは違うよなーと。
だからと言って他人の評価を「間違い」とすることもないし。

そんな感じで好きなもの探しに美術館に行くと色々楽しいんじゃないかと思います!
特にこの「猫まみれ展」は是非に!