読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログでは楽しい話をしたいよね

どうもブログがグチっぽくなっていけない。
まあ寒いし暗いし、冬にそんなに元気になれないのはいつものことだし、グチや悩みを聞かされやすい立ち位置なのも良くないのだろう。
だがそれは私の目指すところではない。
私はもっと楽しい話がしたいのだ!

ブログとSNSは逆の位置にある

私にとってブログというのは、プライバシーを守らなければならないが心情を最大限ストレートに出せる、なかなかさじ加減の難しい場所だ。
FBなどの実名SNSは逆で、プライベートなことは書けるけど本音を書くと色々と角が立つ。
昔飲み会の中で関わった程度なのに、いきなり下の名前であだ名を付けてくるような相手にも、SNSでは「は?何なん?」とは言えない。
本人とSNSで友達になっていなくても、どこでどう繋がるかわからないから気を抜けないし。
そんなわけで、ブログは必然的にグチっぽい感じに寄ってしまう。

だがそれはよろしくない。
自分の捌け口にはなれど、後で読んでも楽しくないし(むしろ黒歴史)、書いていてもテンションが上がるわけでもない。
ネガティブなものを認めないわけではないが、焦点を当てるならポジティブな方に。

楽しむのにはパワーがいる

冬という季節と忙しさが相まって、どうやら自分が思っている以上に削られているらしい。
物事を楽しむにはパワーがいる。
パワーを維持するには余計なジャッジやルールを入れないこと、わかりやすく言えばこどものようになることが必要なんだろう。
細かいことは気にしない、やりたいと思ったらすぐやる、嫌なことはしない。
これができればいいよね。

日常にどうやって盛り込むか

とはいえ、ずっとこどもでなんかいられるわけがない。
大人としての役割を果たしつつ、こどもになれる瞬間をたくさん確保するのが良いのかと思う。

だからこそ、好きな文房具を職場に持ち込んだり、日常持ち歩くスマホや手帳、財布にこだわったり。
でも1番は人かな。
好きな人たちに囲まれるのが何より楽しい。

ブログにはプライベートの充実具合があらわれる

楽しんでいるから楽しく生きられる、というのが普通の論理。
でも実は、自分が楽しんで生きているからこそ色々なものに興味を持つし、実際にそれを楽しむことができるのかもしれない。

まあどっちが先でもいいか。
結局、積極的に何でもやって、いろんな人と仲良くなろうって結論にしかならないなあ(笑)