読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人を楽しませるものを作りたい

年末に買ったATAOの財布がものすごくきれいだ。

値は張ったものの、見ているだけでも満足なくらい気に入っている。ほんと買って良かった。

自分の気分が良くなるものがあるといい

誰でもそうだと思うが、生きていると感情をマイナス側に引っ張られる出来事が多々ある。
それは他人のちょっとした言動だったり、恵まれない環境だったり。
出来事に対する視点を変えることでその辛さを軽減することはできるけど、それすらできない気分の時もある。
そんな時は、自分を引っ張り上げてくれる何かにすがろう。

それは人でもいいけど、他者が自分の望むように動くとは限らない。
だからと言ってコントロールするのもいけない。行動の最終決定権はあくまでその人にあるのだから。

すがるのは物がいい。
自分が大好きな、見ていて、触れていてニヤニヤしてしまうようなもの。
そういうものがあると毎日楽しい。
この財布はしっかりそういう存在になってくれた。

「ヲタ」の何が悪い?むしろ幸せなんじゃ?

世間は流行に追随せず自分の好きを貫く人を「オタク」と揶揄するけど、そういう人たちの方がよっぽど幸せそうに見えるのは私だけではないはずだ。
「流行に流されない=企業の購買誘導に乗らない→カモが減るから存在を認めたくない=メディアは否定的」
とか、そういうこともあるのかもしれない。
力の強い(お金のある)者にとって不都合な存在は、実際はどんなに優れていても下に扱われたりする。
…まあこれはあくまで仮定に仮定を重ねた妄想レベルの話だけど。でもこういう視点もあってもいいはず。
そんなわけで、私はそれがどんなジャンルであれ、何かを「大好き」というのはとてもいいことだと思うし、それがないと幸せから遠ざかってしまうのではないかと思っている。

人を楽しませるものを作りたい

私は何かを作るのが好きだ。
それは絵や手芸作品、料理もするしゲームを作ったりもした(過去の話だけど)。
DTMはこれからやりたいし、模型とかミニチュアなんかもやってみたい。
自分の作った何かが人を楽しませる、そういうのを目指してやっていきたいなーと思っている。

最近某芸人さんが自分の描いた絵本を無料にしたけど、私は対価を取るつもりだ。
クオリティの低い作品に価値なんて…と思ってたけど、技術だけではなく自分のセンスに対しての対価も必要だなーと思い直した。
お金の奴隷から解放したかったら、みんなが裕福にならないと。
「お金を要求するのは浅ましいこと」みたいな感覚は、いい加減捨てよう。