読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「他人を下に見たい人」の対処法が知りたい

今日の記事は完全にグチである。
ほんとはGW総括とかしようと思ってたんだけど(相当充実のGWでした)、まずこっちを書かないと感情が目詰まりしちゃってどうもすっきり向かえない。
こんなのいちいち相手にするなんてくだらんし自分狭量だなーと思ったりするんだけど、モヤモヤが消えないんだから仕方がない。
まあそんな時期もあるわけですよ、人間なのでね。

リアルにいる「マウンティング男子」

「マウンティング」なんて言葉がはてな界隈を席巻したのはいつだったろう。
どんな話だったかなんて全く覚えていないんだけど、この「マウンティング」という表現だけはしっかり記憶に残っている。
要は「常に相手より上に立とうとする行為」のことで、こういうことをする女性のことを「マウンティング女子」と呼び、一時期ネット上でよく見る単語となっていた。

でも、どうやら女性に特化した性質ではないらしい。
私の属する集団、そのいずれにもこういう男性がいる。
厳密に比較すれば多少性質は違うのかもしれないけど、「私を低く評価し、私より上であることを主張したい」ような言動を頻繁にするという観点でみれば、この行為を「マウンティング」と呼んでもいいのかなーと思う。

何でこんな言い回し?

まず最初に言っておくが、私の周囲の男性のほとんどはいい人たちである。
基本的にポジティブな人間関係を形成できているし、たまに多少話を盛ったり自慢話をすることはあっても、私を落としてマウンティングするようなことはない。
ちなみに女性は全くそういうことはない(裏でどう言われているは知らないが、知らないままでいいと思っている)。

そう、マウンティングする男性なんて少数なのだ。
だったら相手にしない、スルーすればいい。

…というのはわかっているのだが。

あああもうほんといちいち勘に触る言い方を…!!
ほんと、粗探しと人をイラつかせる才能は天才的と思う(笑)

例えばスポーツをやっていて私がうまいプレーをしたら、「(いつもはできないのに)調子いいな」とか「珍しくいいやん」とか。
基本的に「うまい俺が面倒見てやってる」みたいな立ち位置で発言。
何が不思議って、そんな扱いされるほど仲良くないんよね。ほぼしゃべったことないくらいの勢い。
付き合い長いなら、ある程度信頼関係できてるしわかるんだけど。
ちなみに私に対してだけではなく、女性全員に対して同じようにやっているように思う(みんながどう思っているかは知らない)。

そうそう、こちらが特に聞いていないのに教えたがるのも特徴。
初心者の女性なんかよく捕まっている。男性はスルー。おい。


まだいる。

パソコンで何か作業をするときに、自分全くできないにもかかわらず私のミスをついて「こういうところがまだまだやな」とか言ってみたり(じゃあお前がやれ)、

論理の穴を指摘されると理不尽な言い分で食ってかかってくるとか(穴に気付いてないことを認めない 第三者が私の意見に肯定的だと何も言わなくなる)、

「お願い」といいつつ拒否権を認めないとか(それただの命令や)。

ああああああ、ほんとろくでもないのばっかじゃんか。もう。
いませんか、こういう人。私の周りだけ?

絡まれやすいタイプではないはずなのに

私はおとなしく何でも「はい」と言うタイプではない。
仕事だったらおかしいところは普通に指摘するし、自分の意見も言う。
プライベートでは「姐さん」と呼ばれるようなタイプ。同世代に怖がられて敬語使われるやつ(笑)

ありがたいことに、どちらでもそれなりに「できる人」扱いされている。
自立した、しっかりした人扱いと言ってもいいか。
フタを開ければ割とざっくりふざけた感じなんだけど、あんまり開けないからな。

まあとにかく、私は付け込まれるような雰囲気ではないはずなのだ。
むしろコントロールしにくい面倒な奴のはず。
…はずなのに、何だか知らないがそういうやつに限って私に執着する。
グダグダ言うくらいなら関わらなければいいのに、むしろ積極的に接触してくるんだから厄介だ。

無論好意を寄せているのではない。
どうも「こいつは自分の配下=自分の方が上だ」ということを、私と周りの人間に認識させたくて仕方ないらしい。

凌駕?スルー?

こういう相手に歯向かっても、そもそも私のことを認める気がないので不毛なだけである。
最終的には私が何を言っても「そんなのどうでもいい、俺が正しい」となる(経験あり)。

とはいえ、だ。
やはりこのままは癪。癪なんだよな!
我ながらバカだなーとは思うし、我を張れば周りにも被害が行く可能性もあるのもわかってる。
それはさすがに申し訳ない…

でもさ、なんで不快なのを一方的に我慢しなきゃならんの?そんなの理不尽やろ?

なんか、ぐうの音も出ないほどに凌駕してやりたいよね。
やればできる気がするな。負けず嫌いでしつこいから。
そういう扱いをするなら、こちらも同じ扱いをしようじゃないか。

…って、こんなこと書いてる時点で自分も立派に「マウンティング」してるわけですが。ああブーメラン。
さすがにマウンティングはダサいなあ(笑) やめやめ!


「その言い方は失礼やろ、不愉快だ」と表明するのがいいかな。
私は上に立ちたいわけじゃない、君らと関わりたくないだけだ。
そんなところに自分のリソースを割くくらいなら、もっと楽しくて役に立つところに力を使いたいんだ。
マウンティングなんて自分以外の誰のためにもならんし。くだらん。

…てのが深夜まで考えた結論ですが、なんかもっといい案あったら教えてください(笑)