読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チキンラーメンに牛乳を入れた。

風邪引きである。
咳と喉。耳も痛い。
まあそれだけならまだ良かったんだけど、帰宅時の楽しみであるローソンのシュークリームをまったくおいしいと思わなくなってて、ああ相当弱ってんなーとやっと自覚した。

そんなわけで若干ぼーっとしている。
そういう時は、普段とは違った思考をするらしい。

これだよこれ。うまそうだと思いませんか。

チキンラーメン辛くない?

チキンラーメンたまに食べると思うのか、ちょっと辛い(しょっぱい、味が濃いという感覚)ということ。
なおかつ味としてはちょっと物足りないのよな。
(インスタントラーメンにそこまで求めんなよって話かな。)
卵はもちろん必須。ネギもあると尚良し。
たまに無性に食べたくなるこの感じは何なんやろなー?

身体が優しさを求めてる

病によって削られた身体にこの辛さは酷。
何か打開策を…と考えて即思いついたのが牛乳投入だった。

むかしむかしおおむかし。
私が中学生の頃に担任から「牛乳でラーメンを作るとうまい」という教えを受けた。
実際にクラスメイトも絶賛してた(気がする)。
いやー、いい先生だったんだよなあマジで。人生で出会った中で5本の指に入るレベル。
今も楽しく生きていてくれると良いなー。

と、そういう先生から教わったことなので迷いはなし。
投入!

軽く沸騰するまで煮込んで完成。

お味の方は?

うまい。超好み。
スープがトゲトゲしくない。
卵よりも別の具材が合う予感。
これ、インスタントラーメンのスープにしとくのはもったいないなあ。

…と個人的には大絶賛なんですけれども、何せ風邪引きで味覚おかしいかもしんないからやめときます。

気になった方は試してみればいいと思うんだ!
お湯少なめで麺がある程度柔らかくなるまで煮て、牛乳投入して一煮立ちで出来上がり。
まあやってみて!