読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【大掃除】家だけじゃなく、内面の片付けもやってみよう

生活 ライフスタイル

家の大掃除終わったー!
いつぞやの記事で書いた生気のない部屋もこれを機に改装。
かなりいい感じになった!うほほ!
そっちはまた後日記事書こうと思います。

家の大掃除が終わったので、自分の大掃除もしようかと思いまして。
やー、思うことって色々あるじゃない?
それを年内にざっくり片付けてしまおうかと。

感じたことを書き出すべし

やり方はいたってシンプル。
ムカついたなーとか、辛かったなーとか、思いつくことを書き出す。
それについて浮かんでくることをバーっと書いて、最終的には「ほんとはどうしたかった」までたどり着けたらOK。

なんて書くと大層に見えるかもだけど、要は愚痴でも何でも書いてしまえばいいのだ。
悪口であろうが何だろうが、思ったことを素直に書き出す。
別に「こんなこと考えるなんて、私って最低!」なんて思わなくていいと思う。感じてしまったことはしゃーないもの。
でも。「なんでそう思ったか」はちょっと振り返ってみたほうがいい。
そしてその思いが今も継続しているのか(尾を引いているのか)も確認したらいい。
それだけでもすっきりすると思う。

感じたことって簡単に消えないんだよね

こんなことして何になるの?と思われるかもしれない。
が、感情の言語化というのは大事だ。
出来事の瞬間は、感情に支配されて客観視できていない。
自分が主体であることは人生を楽しむ素晴らしい仕組みではあるけれど、あまりにのめり込みすぎてしまうとしんどくなってしまう。
主演から観客になる、感情を書き出すのはそのため。
(常に観客=斜に構えた感じになりがちなので、それはそれで楽しくないと思います)

感情を引き起こされたのは相手の行動が原因

例えば私なら(ガチで書きます)、

『Aさんが全く動かないし協力要請も拒否するからムカつく。文句言う割に実際頼んだこと以外何もできないし。あいつマジでいらん。』

っていうのを感じてる。
今この瞬間は何も感情振れないけど、年明け仕事始まったら同じこと感じると思う。
視界に入るたびに「こいつなんやねん」ってなる(笑)

では、こう思うのはなぜか?と自分に問いかける。
理由がいくつも浮かんでくる(みんな激務なのにこいつだけ楽してる・人件費無駄 など)。
その中に「私は〜したいから」っていうのがあれば、それが当たり。

『私はみんなで連携して効率よく楽しく仕事したいんじゃ!邪魔しないで!!』

この件に関して、私の望むのはこれ。
あー、結局Aさんにいなくなって欲しいんかい(笑)
我ながら酷いなーと思いつつも、私からこういう望みを引き出したのは他ならぬAさんやからなー。
「できない」ならフォローするけど、この人は基本「しない」。
ついでに私にフォローされるのは癪なようで、「そんなのわかってる」とか言うし(笑) もう知らん。

相手の行動が私の感情を刺激するわけだから、「こんなこと思うとか最低」なんて自己嫌悪はいらんと思うのです。
逆に言えば、「そう感じるようにさせられている」ってこと。それをこっちに責があるなんて言われても。
だから自分の言動で相手が怒ったり悲しんだりするようなことがあれば、それは少し反省したほうがいいかもしれない。

感情って、感じる側には7割方責任はないんじゃないかと思う。
って言っても過剰反応になれば話は別。いわゆるかまってちゃんみたいなのとか。
もちろん感情をストレートに行動に出すのもよろしくはないね。
感情を感じるまでは自由でOK、感じたことを伝えるのはまた別の話。
伝え方を考えないのは、さすがに手抜きかなーと思う。

Aさんに対しては私以外も同じことを思っていて、そっちで動いてくれてるから私は何を感じても何も言わないことにしている。
然るべき立場の人が然るべくやってくれる。



なんだか話は逸れたけど、こんな感じで「感情の奥にある望みにフォーカスする」と、内面の構造がシンプルになって楽になります。
ぜひお試しあれ。
今年もあと1日!みなさん楽しもうぜい!*\(^o^)/*