読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【文房具沼】毎日が楽しくなる!お気に入りの文房具に囲まれてみる

文房具沼

先日突然気付いた。
あれ、私、文具沼にどっぷり…?

気付いたのは仕事用の手帳を自作するためにノート選びをした時だ。

詳細は記事参照(現時点ではまだ書けてません)だけど、「方眼罫ならなんでもいい(=コスパ重視)」っていうスタンスだったのが、気付いたら「値段よりも書いてて楽しいか」に重点を置いてる自分がいた。
ああ、これが噂の文房具沼…?って戦慄したよね(笑)


確かに子供の頃から文房具好きだった気はする。
新しい鉛筆とかシャーペンとか、ことあるごとに買ってた*1
だから種はきっと元々あったんだろうなー。
その種が皆様の文房具系の記事やツイートという栄養をもらい、ぐんぐん成長して見事に開花して今に至る、と。
くくく、現代社会ってすごいなあ。

文房具系記事はほんとに読んでて楽しいです。
手帳とか筆記具系は特に。
私はフリクション使いで万年筆に乗り換えようとかは思ってないんだけど*2、それでも読んでると欲しくなる。
なんだろう、たまに使って満足したい(笑)

私が主にどっぷり浸かっているのが付箋沼。
やばいよ、付箋楽しすぎるよ…!!

最初はマステだったけど(マステは今も好きだ)、付箋使うことが多くなって興味が移りました。
というわけで、付箋を中心に普段使ってウハウハしてる文房具を紹介してみようかなーと思います。

スクラップホリック、ではないけれど

付箋やマステが沼にはまりやすいのは、買ったものをコレクションしやすいからだと思っている。
スクラップブックなんて作ったら二度と抜け出せないことはわかりきっている。
…まあでもさ、抗えない欲望ってあるよね。

全数ではないけど、この辺りが普段使いの付箋やらマステやら。
基本POPで派手なのが好きです。
スプラトゥーンのように、補色で攻めてくるような配色最高。
最近の傾向としてナチュラルなの多い気がするけど、もっとこういうの増えてくれないかな。
色使いが好みでも、デザインが子供すぎるっていうのがよくあるパターン。


オススメはダイカットロール付箋。2枚目の写真の動物4種とか。
全面のりではがれにくい。かといってベタつかないし(経年劣化する可能性はあるけど)。
カメラのやつはちょっとのりが強すぎるのよね…。多分作ってる会社違ったはず。

一目惚れして買って、かなりヘビロテで使ってるので、在庫がもうあまり残ってない。
買い足そうと思ったら店頭に置かなくなったみたい!やばい!!
これは久々にネットで買わねばならぬか…?

実はネットで付箋見るの避けてたんだよねー。
 
だって絶対たくさん買っちゃうし(´・ω・`)
 

「これを見た人はこんなのも買っています」的なやつがやばいのよね。
高確率で買いたい衝動に駆られるから。
すでにかわいいの見つけてやばい(笑)

その他文房具

せっかくの機会なので、色々集めて写真撮ってみた。

下敷き、ノート、クリップ、ペンホルダー。
ここにはないけど、紙は「紳士なノート」かKOKUYOの図表罫シリーズのルーズリーフよいです。つるつるで書いててほんと楽しい。

ゾウさんノート、かわいいけど紙質は…
多分万年筆は無理。下手するとボールペンでもにじむかも。ん、じゃあシャーペンか?
何に使うか考え中(笑)

実は一押しはペンケースなんだけれど、あまりに特徴的で身バレしそうなのでやめておくことにする。

*1:当時幽遊白書好きだったので、その辺りのグッズ買ってたなあ。あとドラゴンボール。お小遣い少なかったら文具ぐらいにしか手を出せなかったっていうのもあるか

*2:kakuno持ってるけど使ってないな。筆圧強いから、どうも性に合わないみたい。あと疑問なんだけど、手帳に万年筆使ってる方は訂正するときどうしているんだろうか。二重線とか?